私が初めて男の子を好きになったのは小学6年生(12歳)のころで、同じスイミングスクールに通う他校の同い年の男の子でした。
ある日、スイミングスクールに一緒に通っていた女の子に「好きな人いないの?」と言われたとき、彼のことが真っ先に頭に浮かび、これが初恋だと気づきました。

彼は性格が優しい男の子で、私がうまく泳げなかった時には「次は大丈夫だよ、一緒に頑張ろうね」とよく励ましてくれたのでした。
友人に問いかけられるまでは優しい人だなぐらいにしか思っていませんでしたが、好きな人と言われて頭に浮かんだ日から意識するようになりました。
彼に話しかけられても、変に意識してしまってうまく言葉が繋げませんでした。
しかし優しいこともあって、私が頑張って話そうとするのをしっかり聞いてくれていました。
大人になった今でも友人に好きな人やタイプを聞かれますが、今も優しい人が好きで初恋の頃から好みは変わっていないなあと思います。

よりキレイを目指す“あなた”にお勧めしたい導入美容液

おすすめ記事