シミはなぜできるのか?

いつの間にか、こんなところにシミができていた。そんな経験がある人は、少なくないでしょう。いったいシミは、なぜできてしまうのでしょうか? シミができる原因と対策を、調べてみました。

シミの正体は、メラニンという色素です。年をとっていくと、局所的にメラニンが、濃くなる場所が出てきます。このメラニンが濃くなった場所が、他の場所よりも黒く見えてシミとなります。

では、メラニンが濃くなってしまう原因は、何なのでしょうか? 殆どの場合メラニンが濃くなるのは、紫外線の影響だと言われています。紫外線によりメラノサイトが活性化して、大量にメラニンが生成されしまうのです。

つまりシミの予防には、紫外線対策をすることが大切だといます。紫外線ダメージは蓄積していくので、若いうちから紫外線対策をしないと、年をとってから後悔することになります。

しかしできてしまったシミは、紫外線対策をするだけでは、治すことは難しいでしょう。そこで大事なのが、美白スキンケアです。美白有効成分とされているハイドロキシンやダーマホワイトなどが配合された化粧品で、しっかり美白ケアしましょう。

ポーシャルムローション