敏感肌の人が増えている

自分が敏感肌だと思っている人が、増え続けているようです。それの証拠にコスメ業界では、敏感肌用のコスメの売上が、ぐんぐん伸びているとのこと。なぜ敏感肌の人は、増えているのでしょうか?

敏感肌の人が増えてると言いましたが、厳密に言うと、自分が敏感肌だと思っている人が増えているが正解です。なぜなら医学的には、敏感肌という定義はないからです。

ですからスキンケアをしているときに、肌に刺激を感じたことがある人は、自分は敏感肌だと感じるのでしょう。また一時的に体調が悪かったりして、肌が敏感になることもありますね。

しかしコスメを選ぶときには、なるべく刺激の少ないものがいいと思うものです。それで普通肌の人でも、刺激の少ない便案肌用のコスメを、選んでいる人もいるでしょう。

いずれにせよ敏感肌は、バリア機能が低下しているので、スキンケアなどで改善していく必要があります。私が使っているシロメルの効果は、肌のバリア機能を改善することが期待できます。

確かに化粧品の中には、アルコールなど肌に刺激を与える成分が、入っているものもあります。敏感肌が気になる方は、成分表をきちんとチェックした方がいいですね。