肌年齢に差が出る習慣とは?

年を取れば誰でも、年齢肌の悩みが出てくるものです。しかし同じ年齢でも、肌年齢にはかなり差が出てくるものです。さて普段の生活の中で、肌年齢に差が出る習慣には、何があるのでしょうか?

肌年齢に差が出る一番の原因は、なんと言っても紫外線です。光老化と言って、肌は紫外線により老化するのです。

紫外線対策はしっかりやているという人でも、けっこう抜かりがあるものです。例えば春から夏にかけては、一生懸命紫外線対策をしているのに、秋から冬にかけては、紫外線対策をサボってしまっているというパターンです。

確かに紫外線が増えるのは、春から秋にかけての季節です。しかし秋から冬も、かなりの紫外線が降り注いでいます。この季節に肌に降り注いだ紫外線で、老化が進んでいると思うと怖いですね。

そして紫外線以外でも、光で肌が老化することがあります。それがスマホの画面から、発せられているブルーライトです。ブルーライトは目に悪影響があることは、多くの人が知っっていますが、実は肌にも悪影響があるんですね。ブルーライトをカットするフィルムがあるので、気になる方はスマホの画面に貼っておきましょう。

FLOSCA ステムエッセンス