仕事や勉強中、内容がわからず、どう対処していいか分からない時があります。
気晴らしに運動をしても、肉体的疲労が溜まります。
その後に勉強をしても、体が疲れて眠気がきて、頭が働来ません。
そのような時に私は軽い睡眠をとります。

15分ほど、ベッドや座椅子を倒して、寝ます。
何か物事を考えてしまい、眠れない時はスマートフォンでラジオや漫才等を聴きながら、寝ます。
スマホや仕事によって、大脳が酷使されているため、脳を休めることが大切と考えています。
軽い睡眠をとることによって、脳の疲労物質を取り除くことができると聞きました。
人間の神経疲労の4分の1は目から来ていると言われています。
よって眠れなくとも、目を閉じるだけでも目から得られる視覚情報を遮断しているので、結果脳を休めることにもなります。
ラジオ等をかける理由としては、疲れている時は、色々余計なことを考えることを避けて、耳に入ってくる情報に意識を向けるためです。

よりキレイを目指す“あなた”にお勧めしたい家庭用腟ケア器

おすすめ記事